OTC薬で失敗したくない人が知っておきたいこと

>

OTC薬の販売制度の落とし穴

安心して相談できる薬剤師、登録販売者とは

症状を改善したくてドラッグストアで相談したときに、事細かに聞き取りをしてくれる薬剤師さん、登録販売者さんだったら「信頼してみよう」と思えるのではないでしょうか?こちらばかりが質問して相手はそれに答えるだけだとしたら、この場を立ち去って他の店で相談しようと思ってしまいます。

痛みの度合いや場所が同じでも、痛みの原因が違うと勧める医薬品が変わってくるそうです。客への詳細な聴き取りが、症状の原因を知る重要な手がかりになります。

聴き取りでは必ず聞かれることがあります。
・症状がでている対象者の年齢と性別
・どんな症状が出ているのか
・いつから症状があるのか
・喘息にかかったことがないか
・過去にアレルギーや副作用があったか
・服用中の医薬品はないか
・腹痛の場合は食事内容など
購入者側も聴き取りの際に正しく答える準備をしておくことで、販売者と円滑なコミュニケーションがとれるので覚えておきましょう。

かかりつけの薬剤師がいればなお安心

自分のことをよく知ってくれている薬剤師さんがいたら心強いと思いませんか?くすりの効き目や飲み方、使い方について詳しく教えてもらえます。継続的に管理を任せることで、自分の体質に合わせた医薬品の提案や健康についてのアドバイスがもらえるでしょう。

また、医薬品だけでなく日常的に使用しているサプリメントや食生活などについて相談することも、よりよい関係を築くために必要ではないでしょうか。

かかりつけの薬剤師さんにしたいのは、薬局やドラッグストアに勤務している薬剤師さんです。量販店やスーパーの薬局コーナーに勤務されている薬剤師さんは、なかなか落ち着いて相談できる雰囲気ではありません。

本来の業務以外のこともされていたり、チェーン店などの場合は別の店舗に異動してしまったりと、近い距離で長期的に任せることが難しいからです。


この記事をシェアする