自分にとって価値ある時計

>

時計は時刻を計測する道具

時計は資源再生の対象です

記念の腕時計、形見の腕時計など、他の人にはわからない思い入れの深い時計もあります。
高級ブランド品ともなれば、区市町村のリサイクルなどに出すことはできませんよね!
そういう場合には、買い取り業者に売却することもできます。

買取価格は相場もありますし、購入時期、色や素材などにより、一律ではありません。
保存状態が良いことも大切なポイントです。
有名な高級ブランド品であれば、保証書も添えてあると買い取り価格のアップになります。
こうした高級品は100万円単位で売れるような場合があります。

訪問買い取りの場合は、他の業者との比較がしにくいので、直接店舗に行って査定してもらう方が良いかもしれません。
何軒か回ってみれば、金額を比較しやすいですし、気に入らない値段であれば他の店に行くこともできます。

買取業者あれこれ

リサイクル業者から、突然の電話がかかって来た経験はありませんか?
たいていの場合、「お皿1枚でも、古着1着でも構いません。」と言って、訪問査定の約束をするものです。
実際に利用すると、最終的には貴金属や時計が主目的という場合が多くなっているようです。
訪問の場合は、他の業者との比較ができませんので、その業者の言い値になってしまいます。
古い着物なども「人形の着物に使えますから」と、快く引き受けてくれる業者もいれば、「これは使い物になりませんね」と、査定0円という業者もいます。
壊れていても時計が喜ばれるのは、時計としての価値ではなく、時計の部品に含まれる鉱物の価値があるからです。

ついでですが、廃品回収車にも要注意です。
家電品や乗らなくなったオートバイなどを「無料で引き取ります」と放送しています。
引き取りは無料でも、積み込みをした費用を請求される場合もあるということです。


この記事をシェアする

トップへもどる