自分にとって価値ある時計

>

時計に慣れた生活

時間を合わせる必要性

腕時計を身につけているかいないか、個人の習慣的なものもあるでしょう。
仕事上、腕時計が必要・利便性が高い人や、出かけるときは必ずつけていきたい人、ブランド品を身に着けて優越感に浸りたい人、逆に煩わしいと思う人もいることともいます。

かつては、待ち合わせをする時間については、時計で時間を見て、間に合うように出かけていたものです。
また、場所についてもきちんとした約束がないと、すれ違いになってしまうこともありました。
それがドラマでもいいシーンになっていて、涙を流した人もいることでしょう。

腕時計を使わなくなった理由は、色々あることと思います。
前述したように、腕時計にかわる「時の測定器」が登場したことも、大きな理由でしょう。

時間に縛られない生活

何千年も前の日時計を作った時代から、時計は必要不可欠な物だったと思われます。
大型の物を小型化したり、作動のシステムが変わったりしてきた経過があります。
しかし、どんな時計でも、「時刻をおしえる道具」として、普遍的な役割を持ち続けています。

あえて時計を一切持たない生活ができるとなれば、日常的なスケジュール管理は必要ないということになります。
自分としての時間の使い方は自由で、他人と合わせる必要もありません。
空を見上げて、太陽の位置や星の動きをながめて、自分なりの時間を定めて、のんびりと暮らすこともできるのではないでしょうか?
そんな生活も悪くないのかもしれません。

現代人が忘れかけている「時の意味合い」を大切にしていきたいものです。


この記事をシェアする

トップへもどる